ゲイバー
b0022923_2128522.jpg

見間違えた…

って、そんな雑誌あるか~い!

『男街マップ』の雑誌版かよ。



『ゲイバー』もう何年も行ってないなあ。せっかくこっちにいるんだから二丁目行ってみようかな。

でも二丁目って敷居が高くて…

あまり騒がしく無くて落ち着いた、ジャズとか流れてるみたいな。そんな『ゲイバー』ないんかなぁ。
[PR]
# by everywherewithyou | 2006-11-10 21:28 | 日々雑感
イルマーレ
「イルマーレ」を観たよ。

「スピード」大好きな俺としては観ずにいられない映画。
「キアヌ・リーブス」「サンドラ・ブロック」の名コンビ。

ちょっと不思議な時間を超えた文通から始まる愛の物語。
あり得ない設定だとか、意味がわかんないとか、そんなこたぁどーでもいい。

観終えた後の自分の涙がオレにとっての評価だね。


相方に話すと「イルマーレ」は韓国映画のリメイクとの情報が。
あ~、多分韓国映画だったら観てないと思うんだよね。
オレってば韓流ブームとかにまったく乗ってないから。

観たのはこの二人が主演だからっていう理由が大きいしね。

絶対相方にも観せたかったから、絶対観てよっ!て言ったら、
「レンタルでDVD借りてきて(韓国映画)観ようかなぁ」とか言うから、
「それじゃ意味ねーだろ!!」と怒ってみた。

次の日、今から観るよ~てなメールが来た。

まったくもう。



その数時間後、オレと同じように感動してくれたメールが届いた。



その夜、あんまり話したこと無かったけど、
二人とも「スピード」の「キアヌ」が大好きだったことが判明した。


イルマーレは「時間」、オレらは「距離」。

離れていても、同じ時間を生きていることをウレシク思ってイルマーレ。
(あちゃ~)
b0022923_1639026.jpg

[PR]
# by everywherewithyou | 2006-10-22 23:59 | 映画
セーラー服と機関銃とみなとみらい
10月29日に行われる海上自衛隊観艦式に伴い、護衛艦の一般公開があった。
観艦式とは3年に一度行われるイベントで、以下のような意味があるそうだ。
---------------------------------------------------------------------
観艦式とは、英国王エドワード3世が自ら艦隊を率いて出撃する際に、
その威容を観閲したことに始まるといわれています。
海上自衛隊では、昭和31年に「自衛隊記念日」が制定され、
翌年「自衛隊記念日行事」の一環として実施することが定められました。
---------------------------------------------------------------------
ようは、総理大臣(今は多分、安倍さん)に海上自衛隊の訓練を見せるイベントらしい。
それに伴って一般公開される行事もあるのだそうだ。
実際に訓練に参加(といっても見るだけ)できる招待券もあるらしいが、
人気があるため超高倍率でなかなか当たらないみたい。

今日は、みなとみらいを散歩していたときに、たまたま通りがかって、
戦艦の中が一般開放されるという貴重な機会に内部を見学してきた。
護衛艦「あさぎり」と、護衛艦「あぶくま」を見ることができた。
b0022923_148022.jpg

そこらじゅうに、制服、セーラー服を来ている自衛官が。
(スカートとかの変なプレイじゃないからね)
メイド喫茶の楽しさはわからないけど、こういう制服の喫茶店があったら、
絶対に通ってしまうんだろうなぁ、といらぬ心配をしたけど。
b0022923_140361.jpg

各所に立って安全確認や誘導をしてくれていた彼らから、
笑顔で「こんにちは!!」と挨拶や敬礼されまくりで、
オレはと言えば「こんにちはぁ♪」、
そしてこっそりと「萌ぇぇぇぇ」を連発していたのは言うまでもない。

戦艦の中を見る前に、北朝鮮の工作船の展示も見ていたので、
比較するのも海上自衛隊には失礼だがメチャメチャ立派だった。

機関部や、操舵室も入ることができて、もちろん甲板に出たりして、
機関銃(速射砲)というのか、そういうものも間近に見ることができた。
b0022923_156619.jpg

ちょっと面白かったのがトイレね。
なんか盗撮してるみたいでドキドキしたけど、注意書きがステキ。
b0022923_140171.jpg

3年に一度しか見られない貴重な経験ができて、ラッキーだった。
つーか海上自衛官メチャメチャかっこ良かったっす。
陸上自衛隊とはまたひと味違って、制服がいいのね、きっと。
ちょっと、コスプレみたいな感じの人もいたけどね。
b0022923_1403654.jpg

あの方たちが日本の海を守ってくれてるんだと思うと安心できるなぁ。
というか、変な視点というか変な視線でゴメンナサイ。
[PR]
# by everywherewithyou | 2006-10-21 23:55 | ゲイ
君と僕とペンギン。
「新江ノ島水族館」に行ってきた。
実家からオヤジが遊びに来てて、姉一家と久々のお出かけ。
水族館は8月の「美ら海水族館」以来だったけど、
やっぱり水族館はどこに行ってもオレにとってはワクワクの宝庫だ。

新横浜から出発して、車で一時間とちょっとで片瀬江ノ島に到着。
オレの運転と、オヤジのナビにより快適なドライブ。意外と近いのね。
前に友達の運転で行ったときは海水浴シーズンだったので激コミだったけど、
今日は意外にスムーズに目的地に到着できた。

海岸には海水浴客はいなかったけど、サーファーの芋洗い状態。
天気もよく、波もおだやかで、プカリプカリと浮かんで波を待っている人が多かった。
b0022923_23213391.jpg


で、ここの水族館は、何度か江ノ島に来るたびに立ち寄ろうとして、
なかなか入れなかった水族館なだけにめちゃめちゃ楽しみだった。
b0022923_23215098.jpg

中はそれほど混雑しておらず、暑くもなく寒くもなく快適な屋内。
姪っ子と一緒だとゆっくり見学できないかと思ったけど、
姉家族と、オヤジとオレで、別行動だったので思う存分のんびり回遊できた。


そして、ふと思った。
オヤジと一緒にこうして水族館に来たのは初めてかもしれない。
記憶に無いもん。なんかこれってもしかして貴重な経験なのかも。

のんびり、あれこれ話をしながら、二人で歩く。
歩調もオヤジに合わせて。
意外に魚をじっくり観察するのは、
釣り好きだからなのか、水族館好きだからなのか。

またちょっと老けたけど、それでも元気そう。
この先どれ位かわからないけど、まだきっと離れてても大丈夫だ。


ここはそれほど大きくもないし、とびきりの目玉がいた訳じゃないけど、
のんびりした水族館だった。姪っ子も大喜びだったし。



初体験は、ドクターフィッシュという魚の水槽に手を突っ込み、
悪くなった皮膚を食べてもらった。わらわら、キュポキュポ。
うぅぅ、くすぐった気持ちいいぃぃ~~~。


そして、目にとまったのが、ペンギンコーナーの二匹のペンギン。
端っこの方に、なんだかそっと立っているこの二匹。

しばらくそこを離れて戻ってみると、さっきと同じ場所にいる。
姪っ子は、置物と思ったらしい。それほどジッとしている。
時々左側のペンギンは毛繕いしたりするのだが、右側はほとんどそのまま。

この二匹は群れから離れた存在のよう。
ちょっと大げさかもしれないけど、
普通の人間社会から離れたオレと相方とオーバーラップして見えた。

そういえばペンギンの世界にも同性愛が存在するとか。


二匹なら側にいるだけで、それだけで満足さ。
何をするでもなく、じっと二匹で寄り添うだけでいいんだ。

なんてね。
でもちょっと淋しげだよね。


つか、こっち向いてよ、ねぇ。
b0022923_2322553.jpg

[PR]
# by everywherewithyou | 2006-10-16 00:01 | ゲイ
もらいわらい、もらいあくび、そして…
ご無沙汰しておりやす。
とりあえず生存証明をば。


会社帰りの電車にて。


僕はドアの前のつり革につかまっていました。
シートにはキレイな外国の女性の方が二人座っていました。
インドか、中東か見た目ではよくわかりませんでしたが。
僕はそのシートの隣に立っているイメージです。

そのうちの一人が手帳を広げて、なにやら熱心に日本語を勉強しているようでした。

のぞくつもりじゃなかったんですが、
ついつい気になって上からのぞき込んでしまいました。
同じく外国語を勉強している僕としては気になったんでしょう。ウン。

そこには、
書き慣れないであろう日本語と、英語訳が並んでおりました。
1ページはそれほど多くない手帳のそのページにはこう書かれていました。


『 もらいわらい = laugh 』

『 もらいあくび = watch and yawn 』


えーっと…


なぜに両方とも『もらい』で始まるのか!?
『わらい』『あくび』じゃだめなのか?
そんなの日本人でもあんまり言わないよ。と、言ってあげたくなりました。
よっぽど他人に影響されやすいんでしょうか、この人は?


そして、そのページの最後には…


『 げろ = throw up 』


流れとしては『もらいげろ』がパーフェクトなんだろうけど、
『もらい』はついてませんでした。残念…


つーか、そこもなぜに『げろ』!?(困惑)


ちなみにその女性は10分間ぐらい、そのページしか開いてませんでした。
ほかのページも是非のぞいてみたかったんですが。かなわぬ夢でした。

あの女性は、あの日本語を使う日が来るんでしょうか?
そう、きっとこんな風に…

---------------------------------------------------------------------

「このあいださぁ、お笑いステージ見に行って、『もらいわらい』しちゃったぁ」

「でもね、退屈な芸人が出てきたら、みんなあくびしててさ、
 私も、『もらいあくび』しちゃったぁ」

「でね、
 帰りの電車で『げろ』まき散らしてる酔っぱらいのサラリーマンがいてさぁ、
 それ見てたらさぁ、臭いがこっちまで漂ってきて、
 私も気持ち悪くなって『もらいげろ』しちゃったぁ」


って、

無い無い…

(※食事中の方ゴメンナサイ)
b0022923_10524.jpg

[PR]
# by everywherewithyou | 2006-10-12 01:04 | 日々雑感
ハングアップ
先週マドンナ東京公演の最終日に相方と行ってきました。
その日の朝の「めざましテレビ」では前日は開始が50分遅れたとか、
写真撮影も望遠・フラッシュ無しならオッケーとか言ってました。

7時ギリギリにドームに着くと、席はまだまだ埋まっておらず、
いつまで経っても始まる気配がありませんでした。
相方は前乗りしてたんで中で待ち合わせました。

東京ドームの中に入るのも初だったので勝手が分りませんでした。
始まる前にパンフレット(4000円!高っ…)を購入。
未だに目を通してませんが…

でですね、結局1時間15分遅れで始まりましたよ。
あとちょっと遅かったら暴動が起きてたかもしれません。

巨大なミラーボールの中から登場したマドンナは、
ミラーボール以上に光り輝いておりました。

あとはもう最新アルバムからの曲と、懐かしい「ライクアバージン」等々、
20曲ぐらい、まるまる2時間のダンスフロアと化しました。

マドンナは「またすぐ東京にくるよ」みたいなこと言ってましたが、
最低でも次のアルバムが出て1年ぐらいは経たないとむりでしょうから、
早くても3年、イヤ、5年後ぐらいに来てくれればいいでしょう。

十字架の貼り付けのやつとか、
どうしても「♪イヌニナロォ~~~」って聴こえる、
ターバンを頭に巻いた人がコーラスで出たりとか、
今回のアルバムを聞き込んで、昔の曲も知ってる僕には満足でした。

ラス曲の「ハングアップ」では、大、大ダンスパーティと化して、
全員で一体になって盛り上がれたんじゃないでしょうか。


ちなみに、やっぱりゲイとお見受けする方達も多数いましたね。
タンクトッパーとか、イカニモ系な人とか。
終了後2丁目に繰り出そうとして盛り上がってるアジア人グループとか。
僕等もそんなカンジっすけどね。

いやぁ、ほんとマドンナねぇさんに、いい夢みさせてもらいました。
終わった後に友達と相方と3人で食事する予定がキャンセルになったとしてもですけど。
b0022923_0563172.jpg

[PR]
# by everywherewithyou | 2006-09-29 01:00 | ゲイ
まぁ、どんな?
b0022923_19195739.jpg

今からハングアップしまくるっす!
[PR]
# by everywherewithyou | 2006-09-21 19:19 | 日々雑感
とろ
みゆきさんの新譜の発売予定日収録曲が決まった。

「ララバイSINGER」 2006年11月22日リリース予定

曲名をじーっと見てくと…
最近他のアーティストに提供した曲のカバーを含む内容みたいっすね。




!?

あれ?なんだこれ?


『とろ』!!!???


マジッスか!? どうしたんすかみゆきさん!!??
もう、水くさいなぁ、オレの曲作ってくれるんなら作ってくれるって言ってくれなきゃ♪

オレのブログを知って、感動して曲作ってくれる気になったんすね。
あぁ、こんなブログでお恥ずかしい。いやぁ、まいったなぁ。ハッハッハ。
(都合の良い解釈もほどほどに…)


で、印税はいかほど?
(あるわけないだろ)


内容紹介には、『今までの作品では聞く事のできなかったユーモラスな曲「とろ」』
と書いてあった。これは、ますますオレ?
(しつこい)


なんにせよ、アルバム、そしてきっと今年は夜会の代わりにツアーかな?
またまた楽しみになってきたね~~♪

 -収録曲-
  桜らららら
  ただ・愛のためにだけ
  宙船(そらふね)
  あのさよならにさよならを
  Clavis ―鍵―
  水
  あなたでなければ
  五月の陽ざし
  とろ
  お月さまほしい!
  重き荷を負いて
  ララバイSINGER
b0022923_1401414.jpg

[PR]
# by everywherewithyou | 2006-09-09 01:46 | 中島みゆき
トロと旅する 「沖縄 2006 Summer」 メモリー
ずいぶんと報告が遅くなってしまいました。
やっと書き上がったんでアップしますね。
旅行記風に書いてたら長くなっちゃって(汗)

ちょっと、バタバタしたりもしてたんで。

ただ、長いんで全部読むのは大変だと思うので、暇なときにでも目を通してみてください。

写真は調子にのって取り撮りすぎた、まとめてWebアルバムで公開してみます。
これでもほんの一部なのですが。

見てもイイよって方はクリックして下さい。

『トロと旅する 「沖縄 2006 Summer」 メモリー』

パスワードは「toro」ってことで。
スライドショーで見ると音楽と共に見られますのでオススメです。
(※いきなり大きな音に注意です)

こちらも良かったら見てやってください。

であであ。
[PR]
# by everywherewithyou | 2006-09-08 23:44 | ゲイ
トロと旅する 「沖縄 2006 Summer」 3日目
あっという間に最終日。今日はあまり時間が無い。

なんだか天気が悪い。雨が降っている。昨日のうちに泳いで正解だったね。
今日も朝食はしっかり食べて、残りの半日にかける。

ここ残波岬は沖縄一高い灯台のある岬。
遠くから見るだけでもいいのだけれど、二人で灯台のてっぺんまで登ってみる。
タダかと思いきやちゃっかり150円取られた。管理料とな。

灯台内部の階段は気温も暑く、湿気でモア~~っとしていた。
半分もいかないうちに息切れする。
「まだ半分も行ってないワン」ってポスターが心をくすぐる。クッソ。

やっとの思いで顔を出すとそこは碧く深い色の海が広がっていた。
高さは30メートル。断崖に建ってるから、海を見下ろすとメチャクチャ高く感じる。
雨は止んだ。曇っていると海の色はそんなに青々としているわけではなく群青色。

手すりから身を乗り出し、下を覗き込むと足がすくんだ。
そうだった、最近高所恐怖症だったんだオレは…

10人も居ればイッパイイッパイの展望台が人でごった返してきた。
もっと見ていたかったが降りることにした。

降りると広場があり、少し離れたところに巨大なシーサーが見えた。
なんか今朝ホテルのベランダから見たときに気になっていたシーサーだ。
「残波大獅子」というらしい。ちょっといたずらなアングルでパチリ。

そして、やはり最後にホテルの間近のビーチに繰り出す。
そんなに大きくないが穏やかでキレイなビーチだった。
辺りを散策したりしていると、また相方が砂浜の波打ち際にバシャバシャ突進していた。
また貝殻を集め始める… ほんと、好きなんだね、そういうの。

手のひらに載せた貝殻や珊瑚をうれしそうにこっちに向ける。
「ほら!(キレイでしょ!スゴイでしょ!って、目が言ってる(笑))」
あぁ、4つ年上だけどこういう無邪気なところって好きかも、へへへ。


沖縄と言えばシーサー。
そのシーサーとかを作っている工房が集まっている集落のようなものがあるらしく、
「やちむんの里」と言うらしい。そこに行き一つ一つの工房を見て回るが、
イマイチピンとこない。いいなと思うのは高いし、デカすぎる。
残念ながらナニも買わず、後に相方は空港でシーサーを自分用に買っていた。


ひき続き、黒糖工場が見たいという相方の希望でそこに向かう。
黒糖って平らな入れ物で固めて、手で細かくしていくんだね。
店員が近寄ってきて「レンタカーのお客様ですか、こちらサービスですどうぞ」
と、小さな黒糖のお土産を手渡される。
まぁ、せっかくなので黒糖のお土産を購入。

昼飯は、どうしせも沖縄ソバを食べたくてまた彷徨い走る。
あまり時間が無いのでDFSの近くをぐるぐる走るが、
なかなか決まらず、またしても険悪ムードに。

どうして食い物の時こうなっちゃうんだろ。

首里城のあたりの沖縄ソバのお店に決めて、中に入る。
ランチタイムはとっくに過ぎてたので、空いてた。
平麺のソバだったけど、野菜タップリの野菜ソバはボリュームがあって美味かった。


ダッシュでDFSに向かう。ガソリン満タン。無事返却。
結局DFSではナニも買うことなくモノレールで空港に急ぐ。

帰りの飛行機は夕方5時ぐらいの便だ。
もっとゆっくり遅い便にしたかったけど取れなかったのだ。

4時ぐらいに空港に着いてチェックインをすると、
機械が「二人並びの席は用意できませんでした」とかいいやがる。
なんだとぉ!! 遅かったからしょうがないけど、カウンターで再度チェックイン。

すると「お二人並びの席はご用意出来ませんが」
「はい、しょうがないっすから(ムスッ!2時間以上ヒマしてろって言うんですね!)」
「お二人それぞれ窓際の席になりますがよろしいですか?」
「(エッ!?)はい」
(ラッキー!! 窓際~~っ!!)

実際に乗り込むと、お互いまったく反対側の窓際の席だった。
行きがまったく外が見られなくてつまらなかった反動のせいか、
窓際が楽しくて仕方なかった。写真取りまくりで。

ちょうど夕暮れ時で、ジェット機の翼越しに見る夕日は素晴らしかった。

帰りの雲の中にシーサーを見つけた。
「またおいでよ沖縄へ~!!」とお見送りされてるようで感動したね。


「モチロン、また来るさ~~!!」


こうしてオレ等の短い夏休みは終わった。
日焼け止めしてたからそれほど日焼けはしなかったけど、
それでもそれぞれが少し日焼けしてたくましくなり、
相方の元にはあの貝殻と空港で買ったシーサーが大事に飾られていることだろう。

オレはと言えば…
しまった、自分自身へのお土産を買ってくるのを忘れた。

まぁ、この三日間で撮りまくった写真と、相方との思い出があればそれでいいか。
すぐにとはいかないけど(ほんとはすぐにでも行きたいけど)、
また相方と一緒に沖縄に訪れるだろう。約束は一応有効なはず、だよね。
本島もまだ色々行きたいけど、今度は離島に行ってみたいね。


やっぱこれって、前に誰かのブログで読んだ「沖縄病」ってやつかな~
まだほんのちょっとしか知らない沖縄だけどね。


美ら海サイコー!
[PR]
# by everywherewithyou | 2006-08-26 23:32 | ゲイ



『トロ』です。『ゲイ』です。日々感じたことを書き綴っています。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
鍛え上げた肉体+日焼け+..
from 僕の隣りに
you're beaut..
from 洋楽歌詞を和訳して英語を学ぼう!
機動戦士ガンダム MG ..
from 機動戦士ガンダム@パーフェク..
機動戦士Zガンダム PG..
from 機動戦士ガンダム@パーフェク..
ココロに....
from 最新芸能ニュース・音楽CD ..
21日の日記
from いいもの見つけた
『ダ・ヴィンチ・コード』..
from ginpeichanの映画日記。
生きたくても生きられない..
from ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲..
円海山
from 夜景in東京
ダ・ヴィンチ・コード!
from 闇   市
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧