カテゴリ:映画( 16 )
イルマーレ
「イルマーレ」を観たよ。

「スピード」大好きな俺としては観ずにいられない映画。
「キアヌ・リーブス」「サンドラ・ブロック」の名コンビ。

ちょっと不思議な時間を超えた文通から始まる愛の物語。
あり得ない設定だとか、意味がわかんないとか、そんなこたぁどーでもいい。

観終えた後の自分の涙がオレにとっての評価だね。


相方に話すと「イルマーレ」は韓国映画のリメイクとの情報が。
あ~、多分韓国映画だったら観てないと思うんだよね。
オレってば韓流ブームとかにまったく乗ってないから。

観たのはこの二人が主演だからっていう理由が大きいしね。

絶対相方にも観せたかったから、絶対観てよっ!て言ったら、
「レンタルでDVD借りてきて(韓国映画)観ようかなぁ」とか言うから、
「それじゃ意味ねーだろ!!」と怒ってみた。

次の日、今から観るよ~てなメールが来た。

まったくもう。



その数時間後、オレと同じように感動してくれたメールが届いた。



その夜、あんまり話したこと無かったけど、
二人とも「スピード」の「キアヌ」が大好きだったことが判明した。


イルマーレは「時間」、オレらは「距離」。

離れていても、同じ時間を生きていることをウレシク思ってイルマーレ。
(あちゃ~)
b0022923_1639026.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2006-10-22 23:59 | 映画
ダメ・ンチコード
相方と一緒に「ダ・ヴィンチコード」を観てきた。
日曜日の午後に行ったんだけど、映画館は激コミ。
「ダ・ヴィンチコード」もチケットを買うときにはほとんど席が空いてなくて、
一番後ろの端っこしか開いていなかった。
でも、109シネマズでも大きいスクリーンだったのでちょうど良い距離だった。

一言で感想を言うと、「なんだこりゃ…」
原作を読むんじゃなかった… そうすりゃもっと楽しかったのかも?
2時間23分っていう短い時間に納めるにはこうするしかなかったのだろうけど、
きっと、原作を読んでから映画を観に来た人はガックリしてるんじゃないかな。

以下ネタバレ含むっす。

原作では「謎解き」や「暗号解読」のところが読んでて面白かったのに、
そこのポイントはあまりにもサラッと流されていた気がする。
「クリプテックス」だって、ホントは2重になってるし、
口座番号の「フィボナッチ数列」も、もっと手が込んでるし、
鏡に映して文字を読むシーンもソフィアだけが気づくとか、etc…

原作を読んでしまったオレが悪いのか、どうしてもストーリーを比べてしまって、
ちっとも楽しくなかった。なんかラブストーリーみたいだし。
逆に相方は原作を読んでいなかったけど、分からない部分が多くて、
あとで「原作ではこうなってこうなるから、結果こうなんだよ」って教えてあげた。

「どっちもどっち」なんだろうか? 期待しすぎだったか…

そういえば、原作があって、映画になった作品って、
今まであんまり原作を読まなかったから楽しかったのかも。
「ハリーポッター」「指輪物語」等々。
やっぱ原作を読まないようにしよう。そうしよう。
b0022923_051257.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2006-06-14 00:49 | 映画
そしてルーブルへ
5月20日から全世界同時公開の映画「ダ・ヴィンチ・コード」

その原作本が文庫本化された。
以前から興味はあったけど、ハードカバーはちょっと手を出しづらかったので、
文庫本化されたのを機会に、読んでみることにした。

(ハードカバーは値段が高いのと、満員電車での通勤中に読むには大変なのだ。
しかも読み始めると、あっという間なので、もったいない…)

映画を観る前にあえて原作本を読むと言うことは、オレ自身はあまりない。
同僚は、あえて原作本を読んでから映画を観るのが好きらしいが。
それだと「指輪物語」「ナルニア国物語」「ゲド戦記」「ハリーポッター」等々、
全部読み出すと、ほんとキリがないんだよねぇ。
しかも原作と映画のギャップとかスゲー気になりそうだし。

「ダヴィンチコード」に関しては、珍しく映画館でも予告編を目にすることもなく、
まったくのウブな状態で小説を読み始めた。
でも、映画の配役の写真は事前に見てしまったので、
頭の中で彼らの顔しか思い浮かばなかったのはしょうがないかな。
「トム・ハンクス」と「ジャン・レノ」が頭の中で動き回って、映画を観てる感じ。

原作の登場人物と同じ国籍の俳優をキャスティングしたというだけあって、
他のキャストもそのまんまのイメージだった。

内容は、「ダ・ヴィンチ」の作品に隠された、聖書の謎を解いていく。
それは世界中の今までのキリスト教の歴史を根底から覆す可能性を秘めている。
って、簡単に言うとこんな感じなんだけど、随所にちりばめられた謎解きと、
キリストにまつわる色々な話の、別な解釈とか、結構おもしろい。
その昔興味があって、聖書を読んだりしたことがあったけど、
この本を読むと、今までの知識がガラガラと崩れ去っていく。

もちろん、事実に基づいたフィクションのはずなんだけど、
現実にあるかもしれないその内容は、小説を一気読みさせるだけの、
パワーと説得力を感じた。結局5日で読み終えてしまった。
読み出したら止まらないってこのカンジは久しぶりかも。

映画公開に伴って色々なイベントがあったりするけど、
そういったのにもちょっと行ってみたいなと思ったり。
この小説が「盗作」とか色々話が出てるみたいだけどね。

原作を知らなくても楽しめるとは思うけど、映画に行こうと思ってる人は、
もし時間があれば原作を読んでみることをオススメしやす。

久々に体中が粟立った小説だった。
映画公開がスゲー待ち遠しい。

そして、いつかは「ルーブル美術館」へ… と思いを馳せる。
b0022923_1425572.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2006-05-02 01:48 | 映画
ブロークバック・マウンテン
「ブロークバックマウンテン」を見てきた。
友達と二人、みなとみらい「109シネマズ」のカップルシートで(笑)
やっぱり、パッと見で分かるお仲間さん二人組とかも居たね。
オレらもそうだったけど。明らかにオーラが違うわ。


(以下ネタバレありです)



「デイアフタートゥモロー」に出ていた頃は、まだ少年っぽかった、
「ジェイク・ギレンホール」と「ヒース・レンジャー」二人が演じるカウボーイの物語。
監督の「アン・リー」は正直よく知らない…

羊の放牧の仕事で一緒に働くことになった二人。
日を重ねる毎に、お互いへの信頼、友情が深まっていく。
そして身体を重ねていくことになる。

やがてその仕事が終わりそれぞれの生活を始めた二人は、
またいつしか出会い、二人の愛を重ねていく。
しかし既にお互いが結婚し、子供を持っている。
月に一度程度の逢瀬で二人は互いの愛を確かめ会う。

「ジェイク・ギレンホール」演じる「ジャック」は、
二人で一緒小さな牧場を持ち一緒に暮らそうというが、
「ヒース・レンジャー」演じる「イニス」はそれを受け入れることが出来ない。

そして、映画は悲しい結末を迎える。



二人の演技も素晴らしいけど、「ブロークバックマウンテンの映像」、
「切なく悲しいBGM」、そしてやっぱりストーリーが心を揺さぶる。

でも、これは「ゲイ」の映画なんだろうか?と、ふと思った。
まず「ゲイ」ありきの恋愛ではなくて、お互いが人間として認め合い、
たまたまそれが同性だったという事であり、僕がゲイであるように、
彼等もそうであるとは思えなかった。

おそらく彼等は、彼等以外に男性を求めないだろうし、好きにならないだろう。
(求めた場面もあったにはあったけど)
自分であれば、例えば今までは彼氏と別れてしまえば、次の恋を見つけようとした。

彼等は本当の意味で、純粋に人間同士の愛を見つけ、育んだだけ。
或る意味そうなりたいと思うし、それが究極の人を愛することなのかも。

今となってはどうかと思うけど、ゲイとしての僕は、
今共に歩いてくれている相方とずーっとずーっと一緒に居たいなって思えた。
僕か相方のどちらかがこの世から旅立つ時迄一緒に居られるだろうか。


物語の中では、二人が直接的に「ゲイバッシング」を受けたりすることはない。
お互いの生活も大事にしているからこその葛藤が垣間見えた。


今の時代、ゲイもだいぶ認められてるけど、
結局は、昔も今もあまり変わっていない気がする。
そんな中で二人が一緒に暮らせる日が来るんだろうかって、
「ジャック」のように相方に改めて問い合わせてみようかな。

これまで見た映画の中で最高の映画だった。
最後の方はずっと泣いてしまったけどね…
b0022923_1242595.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2006-03-20 01:28 | 映画
ナルニア国物語 第一章 ライオンと魔女
「ナルニア国物語」見てきたよ。

この時期の映画館ってどこでも混むんだね。
「ケロロ」「ドラえもん」「ワンピース」「北斗の拳」とかのおこちゃま向けが多いのね。
子供連れだらけで、すんごかっったわ。

最初「川崎:チネチッタ」に行ったんだけど、
チケットを買うのに1時間ぐらいかかりそうだったんで、川崎をあきらめて、
「横浜:みなとみらい」に行くことにした。いつも行きつけの「109シネマズ」。

普通の映画館って、本編が始まる前に予告編ってやるじゃない?
ここの映画館だけなのかもしれないんだけどさ、
予告編も確かにやるにはやるんだけど、
予告編が始まるまでがウザイことこの上ないんだよね。

例えば、普通にテレビでやってるCMだとか、神奈川県民ニュースとか、
映画にはなんの関連性の無いものを、延々15分ぐらいやるわけですわ。
その後にやっと予告編。そして本編。

せっかく映画館に来てるのに、気持ちを盛り上げようとしてるのに、
ウザイったらありゃしない。
それに何を隠そう(隠してもいないけど)、オレはおしっこが近いのだ。
長い映画だととっても心配。だから、余計な時間はいらないのよ…
映画のクライマックスあたりでトイレに行ったことも過去数回。
なるべく見る前には水分をとらないように、ましてや、
なんか飲みながら映画を観るのはカナリ危険を伴う。


ということで、ものすごく気持ちが盛り下がったところで本編が始まった。


「ナルニア国物語」は世界3大ファンタジーの一つ。
「指輪物語」は既に映画化され、オレも見たけど、お気に入りの映画の一つ。
「ゲド戦記」は今夏ジブリ映画となって公開予定。


「ナルニア国物語」は、こんなカンジのストーリー。

 戦争で田舎に疎開した兄弟姉妹4人が、疎開先の建物で、
 かくれんぼ中に見つけた洋服ダンスの奥に、雪の降り積もる「ナルニア国」を見つける。
 その国は氷の女王に支配されていて100年間雪が降りしきっている。
 だが予言によれば、その人間の子供達が、
 女王を討ち果たし、「ナルニア国」に平和をもたらす。

ディズニー映画って事で、勧善懲悪な内容。
映像はキレイだったけど、所々思いっきり合成なカンジがした。あぁクロマキー合成ねって。
そして、ストーリー展開がかなり早くて、あれよあれよと進む。
ロードオブザリング3本分を2時間半にまとめたぐらいの展開。

正直言って、ガックリ…
ファンタジー好きなだけだけに、なおさらねぇ。
第2章を制作決定って言ってるけど、このレベルならやめた方がいいのでは…
b0022923_1338261.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2006-03-12 13:41 | 映画
オリバー・ツイスト
映画「オリバー・ツイスト」を見た。

孤児院で育ったオリバーが紆余曲折を経て、幸せに暮らす。
苛められ、邪魔者扱いされ、ずぶ濡れの野良犬みたいなオリバー。
しかし決して投げやりになることなく、自分の居場所を見つける。
全体的に暗い雰囲気で、テーマはすごく重いんだけど、
オリバーの気持ちの優しさ、恩を忘れないその様子は感動を覚えた。
「涙の後に幸せが」ってキャッチコピーだったけど、最後にホロっと泣けたよ。

主役のオリバーくんよりもオレの心を掴んだのは、
泥棒「早業ドジャー」役のハリー・イーデン君。
今は亡きリバーフェニックスにも似てて、萌え~。
オリバーと最初に出会った時に捨て猫を拾うような彼の仕草にドキドキ。
「着いて来いよ」って感じでオリバーを引っ張って歩く。
グイグイ袖や首筋を引っ張って「ホラッ、もうしょうがねぇなぁ」ってカンジ。
あぁ、そんな風にオレもひっぱり回して欲しいッス。
b0022923_1403370.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2006-02-06 01:41 | 映画
ハリポタ・炎のゴブレット
昨日「ハリポタ・炎のゴブレット」先行上映に行ってきました。
混んでるかなと思ったんだけど、意外と空いてました、109シネマズ。

映画4作目となる本作。
成長しすぎたハリーとロンとハーマイオニーに、
かなりの違和感を感じつつ映画を見始めました。

今回の作品でストーリーは大きな転機を迎えることになり、
そして、ツライ結末が待っていました。残酷だったし…
全体的にダークな感じが深まり、あまり救いようのないストーリーに、
暗い思いのまま映画館を後にしました。

あ~面白かった!!という感想はなくて、
これからどうなっちゃうんだろうと気が気でなくなりました。
先のストーリーを知りたければ原作を読めばいいんだろうけど、
まったく読んだこと無いしね。

一カ所だけハリーが女の子に見とれて、
口から水を「ダァ~」っとこぼすところは大爆笑でしたけど。
 
また、2年後ぐらいに、さらにおっきくなった彼らに会うときには、
どうなってしまうんでしょうねぇ。もっと違和感が。
それとも、ここらへんでイメージは固定されるかな?

一作目の小さかったロンが好きだったんだけど。

ロード・オブ・ザ・リングのように、
撮りダメした方が良かったんじゃないでしょうか?


ともあれ、こんなに暗い映画が、
子供達とかに受け入れられるか疑問が残ります。
b0022923_16163346.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2005-11-20 16:16 | 映画
七つの剣
「HERO」「LOVERS」に続く中国映画第3弾、
「SEVEN SWORDS」を友達と一緒に、
「テアトル池袋」ってとこで見てきました。

世間では批判的だった「HERO」がオレ的には結構好きだったので、
「SEVEN SWORDS」期待してたのでした。

映画館で映画を観る時って、予告編も期待してて、
次に何を観に来るかの決め手になったりするんですが、
今回はなんの予告編もなくいきなり本編が始まってしまいザンネンでした。

内容的には日本のマンガ「風魔の小次郎」とかを参考にしたんだろうか?
七本の聖剣を使った戦いで、盗賊に襲われそうな街を助っ人が救うっていう内容。
イマイチ登場人物もストーリーも分からず、二人して「苦笑」って感じでした。
「HERO」が好きなら観てもいいかもしれないけど…
あぁ、なんでオレって映画の感想書くの下手くそなんだろ。

夜ご飯は「PARCO」で札幌スープカリー「YOSHIMI」に行きました。
チキン&野菜カリー、ライスおかわり自由。
美味しくってライスおかわりして「腹くっつい」ねぇ~と二人で笑って。
そういえば誰かと一緒に映画を観るのって一年ぶりぐらいで楽しかったな。
b0022923_22473544.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2005-10-16 22:48 | 映画
ハガレン
久々に映画を見てきた。前に行ったのが2月だった。
その後バタバタしてて、見たい映画になかなか行けなかった。
茨城に住んでた頃は近くに映画館が無かったし。
見逃した映画も多くて、未だに「宇宙戦争」も「エピソードIII」も見てない。
昼間ちょっとイライラしたことがあって、気分転換に、
ひとりで、夕方から映画を見に行くことにした。

見たいと思ってたのが「ハガレン」こと「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」
ガンダムSEEDの時間帯に一年間やっていた時にずっと見ていて、
クールの最初から、だんだん終わりに近づくにつれて暗くなっていくアニメで、
救われない終わり方で、ずーっと気になってた。

原作マンガはまったく読んでないし、
アニメ版だとまた色々違うみたいだし、ここで見ておかないと。

アニメを映画館で観たのは「スチームボーイ」以来。あれは酷かった…
で「ハガレン」だけど、テレビ版を観てるなら、観て良かったなと思えた。
楽しめたし、飽きずに最後まで観ることが出来た。

或る意味救われた結末だったし、救われない部分もあったけど、
イチバンの気がかりがハッピーエンド気味だったので。
あぁ、カワイイ弟が欲しい♪頼りになるアニキでも可かな…(それは居るからいっか♪)

場所は初めて行った「みなとみらい」の「109シネマズ」。結構空いてたよ。
b0022923_0114572.jpg

帰りは気分が良かったので、歩いて横浜駅へ向かう。
こっち側からの「みなとみらい」もキレイだったな。
これから、また色々な映画を見に行くことにしてみよう。
b0022923_012291.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2005-08-08 00:12 | 映画
「ショーシャンクの空に」公開10周年記念DVD
ボクが大好きな「ショーシャンクの空に」という映画があります。
リアルで映画館では観なかったんだけど、
DVDで見てから、大好きな映画になりました。

今回相互リンクさせてもらってるyasoさんのブログ
「ショーシャンクの空に 公開10周年メモリアル・ボックス (初回限定生産)」
が発売されることを知りました。
yasoさんは予約されたようですが、ボクも勢いで予約しちゃいました。
DVD持ってるのに… 
あぁ…

初回限定とか、色々な特典に弱いボクなのでした。
b0022923_21575036.jpg

[PR]
by everywherewithyou | 2005-04-26 22:02 | 映画



『トロ』です。『ゲイ』です。日々感じたことを書き綴っています。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
LINK
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
鍛え上げた肉体+日焼け+..
from 僕の隣りに
you're beaut..
from 洋楽歌詞を和訳して英語を学ぼう!
機動戦士ガンダム MG ..
from 機動戦士ガンダム@パーフェク..
機動戦士Zガンダム PG..
from 機動戦士ガンダム@パーフェク..
ココロに....
from 最新芸能ニュース・音楽CD ..
21日の日記
from いいもの見つけた
『ダ・ヴィンチ・コード』..
from ginpeichanの映画日記。
生きたくても生きられない..
from ぷにっと囲碁!なブログ 〜囲..
円海山
from 夜景in東京
ダ・ヴィンチ・コード!
from 闇   市
ライフログ
検索
フォロー中のブログ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧